【今すぐできる】QOLを上げる方法【5選】〜コミュニケーション編〜

こんにちは。Tです。

今回は、QOLを上げる方法「コミュニケーション編」をお届けします。

知っていても意外と、実行できていない場面があるもの

人とのコミュニケーションの機会が減っている今だからこそ。

コツを押さえて人間関係を良好に保ち、

コミュニケーションを充実させることで、

自身のQOLも高めましょう。

今すぐQOLを上げる方法〜コミュニケーション編〜

相手に期待をしない

「相手はこうしてくれるはず」という期待を捨てましょう。

これは決してネガティブな行為ではありません。

期待を捨てることで、

◆何かをしてもらうこと

◆感謝されること

◆何も言わなくても伝わること

などを『当たり前』だと思わなくなります。

そうすることで、『想定外』が減り、

腹を立てることがぐんと減ります。

発言・行為の「なぜ?」を想像しよう

想像力は懐を大きくします。

相手が怒っているとき、

自分が許せない行為をされたときなどに有効。

「家庭で嫌なことがあったのかな?」

「忙しくて余裕がなくなっているのかな?」

など、実際にその通りでなくとも『ひょっとしたら』を

想定することで許容する余裕が生まれます。

「聞き役」に回ろう

話すのが苦手でも、聞き役に回ることで

相手とのコミュニケーションは充実させられます。

相手の話を深掘りするように、

5W1Hで質問すれば、簡単に話は弾みます

相手の長所に目をつけよう

どんなにキツい上司でも、ウマが合わない友人でも

長所や学べるところは、必ずあります

むしろ、すべてが合う人間なんていません。

どんなに仲の良い家族でも親友でも、

自分と相手が心地よい距離感を保つことで、

良好な関係を保っているだけなのです。

合わないと思う人も、シャットダウンせずに

良いところに目をつけると、学びがありますし、

適切か関係で付き合うことができます。

PREP法で『伝わる』話し方を

PREP法とは「結論(Point)→理由(Reason)→具体例(Example)→結論」で話すこと

まずはPREPで話す癖をつけると、

基礎のキである『相手に伝わるコミュニケーション』ができます。

『伝える』でなく『伝わる』がコミュニケーションの本質ですが、

いざ実践すると独りよがりになりがちです。

PREPを習慣化すると話し始める時点でPREPが

頭に浮かぶようになりますから、そこから応用をしましょう。

あえてはじめに結論を言わず相手を引き込んだり、

相手の表情から理解度を確認しつつ話をチューニングするなどして、

コミュニケーションスキルをさらに豊かにしましょう。

次回は、「職場編」をお届け

いかがでしょうか?

この記事が、新たな一歩につながることを祈っています。

参考
▼すぐ実践できる「習慣編」はこちら

【今すぐできる】QOLを上げる方法【5選】〜習慣編〜

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください