【TOEICほぼ満点&名門校留学生が体験レポート】オンライン英会話の効果〜ビズメイツ編〜

20年以上にわたって英語学習に携わってきた筆者が、

実体験を正直にレポートします!

▼今回体験したのは、ビジネス英会話専門のビズメイツ(Bizmates)です。

Tの勤務先でも、自己啓発支援メニューの1つとして導入されています。

さぁ実力はいかに…!

レッスンまでの流れ

会員登録

▼トップページ。プロフェッショナルな印象。なんだか背筋がのびますね。

▼「無料体験」を押すとチャットボットからメルアド登録⇨サクッと本登録できました。

日時・講師を選ぶ

▼Bizmatesも見やすいUI。30分後の当日予約も可能。早朝・深夜も対応。

あとはやはり、講師のビジネス経験が選べるのは大きい。

学びたい分野を選びましょう!

▼講師のプロフィールから、より詳しい経験も確認できます。

▼体験は前半でカウンセリングとレベル診断(フリートーク)、

後半でレッスンとフィードバックという構成(エイゴックスは丸々レッスン)。

教材はレッスン中に先生から送られるので、

予習は、カウンセリングの質問への回答と、仕事に関する自己紹介を準備。

いざレッスン開始!

時間になるとスカイプで講師からコールがあります。

音質・操作などまったく問題なし。

先生はセブ在住で、スムーズな通信環境でした。

良かった点 〜効果に関する点〜

講師は全員ビジネス経験あり!

これは最大の特徴。講師の経験分野も選べるので業界知識・特徴に合わせられそう。

「ビジネス英語」でなく「ビジネスを英語で」学べる

コアプログラムである「Bizmates Program」は、判定されたレベルごとに

さまざまなシーンのフレーズやロールプレイを学べます。

▼かなり網羅的(レベル3の例)

▼レベルチェック後のメッセージはなかなか本質的。長期スパンで学ぶならおっしゃる通り。

特定シーンの強化プログラムで短期集中・高効果

電話会議やプレゼン、交渉などシーン別のプログラムもあります。

弱点やシーンが決まっていたら、こちらがオススメ。

教材のフレーズが豊富!しかも無料。

エイゴックスより1レッスン当たりの教材のフレーズが豊富で、内容が濃い。

ビジネス特化型サービスの特長ですね。

「毎日プラン」のみ!1日当たりは高くない(400円/日)

▼毎日受講できるなら高くない。

25分ですし「朝の習慣」にできたら理想的。

使いやすさ◎

ビズメイツも、シンプル、スムーズ、スピーディ(エイゴックスと比較)。

毎日やるなら、この点でストレスがないのは大事。

課題に感じた点 〜効果に関する点〜

講師がネイティブではない場合あり

若干アクセントが気になりますが、ビジネス英語の受講層であればあまり影響ないでしょうか。

不明点があれば、しぶとく聞き返すなり、タイピングで確認しましょう。

いかようにでも意思疎通をする。これこそ異文化とのビジネスに必要です(ポジティブ)。

レベルチェックが日常会話

適切に判断してもらえるように、あえてビジネスに関する話題で話した方がいいかも。

日常会話には支障ないけど、ビジネスシーンでは不安、という方は多いはず。

「毎日プラン」のみ!習慣化で効果を担保しよう

予復習と時間確保について考えましょう。

オススメは断然、①前日夜の予習:20分、②朝のレッスン25分+復習15分:40分。

これで1日1時間!

アウトプットは朝、インプット(予習)は夜は効率的な学習の基本。

予習(主にインプット)なら平日夜でも無理なく、前日なら当日寝坊しても安心。

レッスンは相手との約束なので起きやすいでしょう。

もし寝坊してもPCさえ開けばOKなのは、オンラインの大きな強み。

【まとめ】ビズメイツの評価 〜効果はあるか?〜

ビジネス英会話を学ぶには文句なし!

目的に応じて以下、使い分けましょう。

◆中長期(3ヶ月以上)

ビジネスシーンを網羅的に学ぶ:コアプログラム「Bizmates Program」

◆短期(1〜2ヶ月)

特定のシーンを選んで強化する:特化型プログラム「Other Programs」

比較したいなら無料体験!教材も閲覧可!

検討に長い時間を使うのはもったいない!

申し込みさえすれば、今日からスタートできるのだから…。

▼無料体験はこちらから。1分程度の登録で、当日予約も可能。

登録すると教材が見れるのも大きなメリット!

この記事が新たな一歩につながることを祈っています!

<画像の出典:ビズメイツ公式ホームページ

10 COMMENTS

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください