【TOEICほぼ満点&名門校留学生が体験レポート】オンライン英会話の効果〜レアジョブ英会話編〜

今回で第4弾の体験レポート。

20年以上にわたって英語学習に携わってきた筆者が、

他サービスと比較しつつ正直にレポートします!

▼今回の体験はオンライン英会話界隈で知名度の高いレアジョブ英会話

レッスンまでの流れ

サクッと会員登録

▼画像中央からメルアドなどを入力して1分程度。

はい、この点はどのサービスも気持ちよく使えますね。

 

日時・講師・レッスンの希望を選ぶ

▼当日予約、早朝・深夜が選べるのは他社と共通のメリット。講師はフィリピン人のみ。

体験では先生は自動選択です(本登録後は自由に選択可能)

講師の経歴は公開されており、本登録後には目的に合う方を選ぼう。

教材は、体験レッスン時に先生からもらえます(サンプルは公開)。

▼日常会話は、全10レベル計380レッスン。

 ビジネス会話は、全8レベル計500レッスンで、かなり網羅的。

▼他にテーマ別の教材も多数。さすがの充実度。

いざレッスン開始!

レアジョブも独自の通信システムを使います。

▼産経英会話オンラインPlusと同じく「スカイプ+教材を表示する画面」というイメージ。

*顔と名前はグレーで伏せています

▼体験レッスンは以下の内容。Bizmates(ビズメイツ)と似てます。

この後に日本人カウンセラーによるカウンセリングがあり、

これが実用的で◎(詳細は以下にて)。

良かった点 〜効果に関する点〜

「10のレベル分け」×「カウンセリング」で学習計画を提案

レッスン自体はテキストに沿ったオーソドックスな内容ですが、

◆講師のチェックで、自分のレベルを詳しく把握できる(10段階)

かつ、

◆カウンセリングで、学習目的に対する具体的なフィードバックがもらえる

たとえば、僕は以下の相談をしました。

①社外向け会議、かつオンラインでのファシリテーション、プレゼン、議論に特化したい

②社内での想定シーンは不要(社内で使わないから)

③同じ先生を指名した時、中長期的な進捗確認やフィードバックはもらえるか?」

と質問。すると、

◆ ①②については、ニュース記事形式テキストでのディスカッションを週3、ビジネスディスカッションのテキストを週2で構成したらどうか?

 

◆ ③については、正直、講師から定点観測的なアドバイスをもらうのは難しい。代わりに、カウンセラーによる定期的な学習支援(+980円/月)と、無料のスピーキングチェックテストで進捗チェックをするのはどうか?

ニーズに対しての満額回答ではないものの、

カウンセリングによるサポート体制は評価に値します。

(他サービスではカウンセリングがない場合も)

ただ、この点は中長期的、網羅的に学びたい方には問題ないですね。

教材は内容充実で無料

本登録しないとサンプルのみ閲覧可能ですが、

見やすい構成で、産経と同じくフレーズが豊富。

レッスン当たりの学びが担保できそう。

また無料で、ここも他サービスに引けをとりません。

安い!(ただしフィリピン人講師かつ毎日プランのみ)

▼プランは以下の通り。

フィリピン人講師による他の主要サービスと比較しても安い(月に数百円〜千円程度)。

毎度お伝えの通りオススメは断然ネイティブですが(中級者以上)、

講師の教育品質が問題なく、コスト重視であればアリだと考えます。

僕の担当講師の方は問題なかったですが、無料体験でのチェックをお勧めします。

課題に感じた点 〜効果に関する点〜

システムの通信音質

私か講師のどちらかの通信環境か、システムの品質か、

2〜3度聞きづらい瞬間あり(産経さんでも同じ事象が発生)。

音質はリスニングの生命線。

受講環境で問題ないか、無料体験でのチェックは必須です。

ネイティブ講師ではない

アクセントは気にならなければ、良かった点に書いた通り。

ビジネス英会話ならむしろ、

講師のプロフィールから、ビジネス経験のチェックは必須。

実務経験があれば学びも大きい(レベル5〜6以上なら特に)。

なお、ビジネス英会話コースの場合は、

「一般講師よりも厳しい品質基準をクリアした『ビジネス認定講師」が対応」とのこと。

(日常英会話コースでも認定講師は選べます)

本登録までテキストが非公開

ただ、サンプルを見る限り「実は質が悪かった…」なんてことはなさそう。

問い合わせたら、自分の希望するコースのテキストを見せてくれるかも。

【まとめ】レアジョブ英会話の評価 〜効果はあるか?〜 

日常会話なら異論なし。ビジネスは、コスト第一で毎日かつ網羅的に学ぶなら。

日常会話のコースは「毎日」と「月8回」と選べるのが特徴。

その他の点は、金額以外、他サービスと大きな差を感じません(あとは講師次第)

フィリピン人講師を前提に、ビジネスならビズメイツ(Bizmates)と競合しますね。

◆コスト:レアジョブに軍配

◆コース・テキスト:網羅的なコースは講師次第。テーマ特化型はビズメイツが実践的で内容が濃い。

◆講師:ニーズと講師次第ですが、ビズメイツはビジネス特化のため平均値は高そう。

総合的には、個人的にはBizmatesが高効果が期待できそうに感じます。

その他、課題の点に関しては、他サービス同様、

◆ビジネス英語の「上級」に対応している先生を選ぶ

◆プロフィールにビジネス経験が書いている先生を選ぶ

◆講師や自分でレベルアップの状況を確認する

などを実践するとより効果の高い学びになります。

ビジネス英会話で少しでも安くしたいなら、

カウンセリングなしコースが最安値(9800円/月)。

比較と音質確認のためには無料体験

検討に長い時間を使うのはもったいない!

申し込みさえすれば、今日からスタートできるのだから。。

▼無料体験はこちらから:レアジョブ英会話

いかがでしょうか?

この記事が新たな一歩につながることを祈っています!

<画像の出典:レアジョブ公式ホームページ

3 COMMENTS

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください